毛嚢炎とはどんな状態

毛嚢炎とはどのような状態の事を言うのか知っていますか?

毛嚢炎についてここでは見ていきましょう。

毛嚢炎という状態について

毛嚢炎は、無駄毛の処理をしたときに、皮膚が傷つき、そして傷ついた皮膚から雑菌が入り込んで炎症を起こします。そして炎症を起こして赤く腫れ上がった状態、もしくはさらに悪化した状態で化膿していることもあります。軽い状態ならまるでニキビが出来ているときのように、赤い発疹が出来る程度なのですがひどくなると化膿してしまいます。自己処理の方法が悪いだけとは言い切れませんが、少なからず原因としては考えられます。

どこに多く見られるのか

自己処理や脱毛をしている部分ならどこにでも現れますが、特にデリケートゾーンに女性の場合は頻発しています。外陰毛嚢炎と呼ばれる症状で、生理中に、長時間ナプキンを肌にあてていて長時間群れている状態になったり、汗、おりものなど雑菌が繁殖しやすいために、外陰部には出来やすいのです。毛嚢炎は、黄色ブドウ球菌が二次感染したことがきかっけでさらに悪化します。

毛嚢炎を予防したいと思ったら、脱毛をする際正しい脱毛方法で行い、尚且つ普段の日常生活でも清潔を保つ努力が必要です。